劇場版『名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)』

興行収入100億円を突破した、『名探偵コナン 黒鉄の魚影』を観てきました。

作品情報

【公開】
2023年4月14日

【原作】
青山剛昌

【監督】
立川譲

【キャスト】
江戸川コナン(高山みなみ)
毛利蘭(山崎和佳奈)
灰原哀(林原めぐみ)

予告

あらすじ

引用:名探偵コナン 黒鉄の魚影公式

東京・八丈島近海に建設された、世界中の警察が持つ防犯カメラを繋ぐための海洋施設『パシフィック・ブイ』。本格稼働に向けて、ヨーロッパの警察組織・ユーロポールが管轄するネットワークと接続するため、世界各国のエンジニアが集結。そこでは顔認証システムを応用した、とある『新技術』のテストも進められていた―。

一方、園子の招待で八丈島にホエールウォッチングに来ていたコナン達少年探偵団。するとコナンのもとへ沖矢昴(赤井秀一)から、ユーロポールの職員がドイツでジンに殺害された、という一本の電話が。不穏に思ったコナンは、『パシフィック・ブイ』の警備に向かっていた黒田兵衛ら警視庁関係者が乗る警備艇に忍び込み、施設内に潜入。すると、システム稼働に向け着々と準備が進められている施設内で、ひとりの女性エンジニアが黒ずくめの組織に誘拐される事件が発生…!さらに彼女が持っていた、ある情報を記すUSBが組織の手に渡ってしまう…。

海中で不気味に唸るスクリュー音。そして八丈島に宿泊していた灰原のもとにも、黒い影が忍び寄り…

感想

ヨーロッパと日本の防犯システムを繋ぎ、老若認証システムの導入で幼い子供の写真から成長した姿を割り出すことができる。現代社会のテクノロジーを駆使した近未来の世界観で展開されています。

八丈島近海の海洋施設が物語の舞台となるため、水の映像がとても綺麗で製作に力が入っていた印象です。

新キャラである組織のメンバー「ピンガ」との戦闘シーンやカーチェイスなど、アクションシーンの演出も見応えがあります。

物語終盤で公安とFBIのエースがタッグを組むシーンは胸熱!赤井さんの使いどころも良くて、かっこよさに痺れます。

ただ、ジンは短気なシーンが多く、もう少しバランスが取れた演出があれば。。(いつもの劇場通りですが)

危険を顧みず行動したコナンを灰原が助けに行くシーンは感動的でした。コナン映画を久しぶりに劇場で見ましたが、「君がいれば」が流れるシーンは涙。えーーっ!という演出もありましたね。スピッツが歌う『美しい鰭』も映画の世界観や映像にぴったりで映画の余韻に浸ることができます!

4月14日の公開から10日間で58億円を突破し、興行収入100億円を超える人気映画となっているので、ぜひ劇場で鑑賞してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました